あとりえ井戸吉(続)

とりえが井戸狂。井戸のある風景や祭り等の 日本文化や自然を伝えて行きたい

web拍手 by FC2

福島原発作業員の記

職場の昼休み時間を利用して、近くの図書館に行きます。
たまたま目にしたのが、池田実氏の「福島原発作業員の記」。

この方は郵便配達をやっていた方で、60歳の定年をきっかけに、
福島原発の廃炉、収束のために、東京から出向いたのです。
東電、大手ゼネコン、メーカ、作業員仲間等いろいろな人間関係に
挟まれ人の生き様を見ながら、放射線量と戦う日々をつづっています。
また、新聞やTVで報道されるものと違った、末端の作業員の肉声が聴けます。

私も若かりし頃、四国の伊方原発に機器点検に行ったことがあります。
被ばく線量をはかり、血液検査や待機でしばし足止めされました。そして、放射線の
防護の教育をうけて、作業は僅かな時間でしたが、8日ぐらいかかったと思う。
近くの旅館は安い料金で、たらふく食べ、おみあげにみかん1箱いただきました。
福島の現場とはちょっと違った出張でした。
CIMG9215のコピー_edited-1

略歴
CIMG9216のコピー

原発事故で5年経った今も、現場ではまだ収束してません。
この先、廃炉作業が40年以上かかると言われています。
これから先も事故の教訓を風化させず、大震災に対する
備えも考慮して行かねばならない。
著者はこの本を原発作業員に読んでもらい、笑顔になって
もらいたいと結んでいます。イチエフ(福島第一原)に飛び込
んでいった勇気と、ここまで書籍にまとめた努力はすばらしい。
最後に著者の朝日歌壇入選作をのせておきます。
「除染から廃炉作業に身を投じやがて福島がふるさとになる」
CIMG9222.jpg


ランキング登録中です。
面白かったらクリックしてね。
↓↓↓
  1. 2016/03/24(木) 18:00:00|
  2. 環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
web拍手 by FC2

地球環境を考える

地球環境に関する本を読みました。

●ガイアの復讐
ガイアは「地球生命体」または「生きている地球」という意味です。
つまり自己修復機能を持ち、人間で例えると、擦り傷は直ぐ治ってしまいますが、
深い傷はダメージが大きいということ。
地球はいま、人類による大気汚染、戦争、動植物の乱獲、さまざま
な要因で地球が痛みつけられている状態です。
復讐というのはその怒りの意味でしょう。
CIMG9019.jpg

イギリスの生物、物理学博士、ジェームズ・ラブロックの著書
エネルギーに関して、最終的には再生可能なクリーンエレルギーがよいが、
CO2排出悪より原発の方がよいとしています。
ちょっとひっかかります。原発は高いリスクと出た廃棄物は安全に捨てる場所がないのです。
CIMG9020.jpg

ガイア理論がようやく認められてきました。
CIMG9023.jpg

●正しく知る地球温暖化
地球温暖化は進んでいますが、人間の活動(CO2排出)による影響は
1/6で5/6は自然現象によるものという解釈です。
西暦1400年から1800年までは寒冷期(小氷河期)。1800年から
現在まで温暖化が進んでおり、CO2が急激に増加し始めた1946年頃
から始まったものではない。
 また、氷河の末端で崩れ落ちる映像は、地球温暖化と全く関係ない。
日常起きていることで、氷河は氷の河である。
 コンピュータモデルで将来予測をするも、多くのパラメータをチューニング
する必要があり、少しずれても結果がまったく異なります。
スパコンでもすぐに信用してはならない。
 CO2の排出は抑制できても、自然現象の火山に蓋はできない。
温暖化は確実に進んでいますので、真因をさらに研究する必要がある。
CIMG9009.jpg

アラスカ大学で研究をされてきた赤祖父俊一氏の著書
CIMG9010.jpg

はしがき
CIMG9011のコピー

温暖化カーブ ほぼ直線的に上昇してます。
ちなみに、CO2の温室効果はメタンガスの1/20と言われています。
CO2が零になっても温暖化は食い止められない可能性があります。
本当の温暖化の原因をもっと研究する必要があります。
CIMG9012.jpg

●面白いほどよくわかる地球と気象
    (神奈川県立生命の星・地球博物館監修)
CIMG9014のコピー

ミランコビッチ・サイクル
地球が過去に4回もの氷河時代があったようです。
周期的な氷河期の到来の謎に挑んで、太陽からの日射量の変化を導き出した。
それでも、まだ不完全で、今後の研究が待たれる。
CIMG9028のコピー

地球は自転軸は公転軸に対して23.5度傾いている。
日本に四季があるのはこのお蔭です。
CIMG9016.jpg

ランキング登録中です。
面白かったらクリックしてね。
↓↓↓
  1. 2016/03/06(日) 16:32:48|
  2. 環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
web拍手 by FC2

今何を考えるべきか

太平洋戦争のすべて
戦後70年ということですが、戦争を体験してないので、本を読んでみた。
安保法制が進む中、安倍政権は抑止力で平和を維持するとしている。
しかし、いったん戦争になれば、抑止力はもとより秩序や人権もなくなる。
人間が人間でなく鬼と化す。罪もない国民が殺されてしまう。
そして築き上げてきた文化を一瞬にして破壊してしまう。
 総理も、戦争体験がないわけですが、過去の戦争の事実を受け入れ、
正しく後世に受け継いで、2度と同じような悲劇を繰り返してはならない。
CIMG4897.jpg

沖縄には米軍基地があるので、戦争になると真っ先に狙われる。
70年前に悲劇を繰り返さないようにしたい。
CIMG4901.jpg

戦時中は「天皇陛下、ばんざい」といって自害した人も多かったでしょう。
国自体が異常な空気に包まれてしまう。
CIMG4902.jpg

北方領土の問題です。4島はどさくさまぎれの戦利品なんです。
早く4島が返還されるとよい。
CIMG4903.jpg


原発に頼らない社会へ
福島原発事故から4年になりますが、廃炉は40年以上かかるという。
除染して人々が住める環境には、当分ならないと思われます。
そして、除染の廃棄物は最終処分場が無いのです。
地震列島の日本では、どこに埋めたとしても安全ではない。
こんな危険なものが、安価な電力とか、世界一の安全だとか、
炭酸ガス削減だとか言われても、信用できない。
CIMG4825のコピー

電力会社はかかった費用に対して、適正報酬率がかかるので、事故が起きようが、
無駄があろうが儲かる仕組みになっています。ふつうの会社なら倒産してしまう。
いつまでも、殿様商売をしていていいのだろうか。
CIMG4828.jpg

原子力の代替はどうするか。
大きな原発はバックアップがあるので、原発が停止しても問題はない。
最近、高効率の蓄電池が開発された。太陽電池や夜間電力でも電気を
ためておけるので、無駄がない。(電気自動車のバッテリーのようなもの)
遠くから、電気を送らなくても、自宅で自給できる可能性もあります。
アメリカでは、スマートグリッドが導入されつつある。
CIMG4826のコピー

ランキング登録中です。
面白かったらクリックしてね。
↓↓↓
  1. 2015/07/20(月) 18:00:00|
  2. 環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
web拍手 by FC2

地球温暖化は本当か

以前読んだ「地球温暖化のウソ」というに影響されて、
地球温暖化の懐疑派になりました。
内容は似ていますが、この本は別の執筆者のもの。

 ここ100年くらいのデータをもとに、人間の経済活動により、
南極やグリンランドの氷が融け、海面が異常に上昇し、
国によっては水没するという警告がある。
 しかし、異常気象を含めて、地球温暖化との科学的な
因果関係はよく分かっていない。

たしかに、皆がびっくりするような警告で、ニュースになる。
テレビも南極の周辺部の棚氷が崩れ落ち、温暖化が衝撃的
な勢いで、迫っているような印象を与えている。現実的には
南極の中心部では氷が増えているようだ。

また地球シュミュレータは精度よく、未来を予測できるかの
様な印象を与えているが、大きな時間の流れのなかで、複雑な
大気現象は予測はできないという。

大きなスパンで気候の変動を見ると、人の経済活動による
温暖化の影響は小さいようだ。
何といっても、太陽のエネルギーをもらう量に地球は影響される。
太陽の黒点活動、地球の自転軸の変化等は大きな影響を
与えている。雲などによる反射による影響も大きいようだ。

CIMG4433のコピー

執筆者 矢沢 潔氏
CIMG4437.jpg

この本で言いたいことは、...
二酸化炭素が異常な気球温暖化を引き起こしているという政治的、社会的
要請に沿ったシナリオにばかり目を奪われていると、われわれは惑星地球
を真に科学的かつ冷静に見るチャンスを失ってしまう恐れがある。
CIMG4439のコピー

ランキング登録中です。
面白かったらクリックしてね。
↓↓↓
  1. 2015/06/28(日) 18:07:04|
  2. 環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
web拍手 by FC2

「わたしはマララ」

図書館でたまたま見かけたです。

昨年、ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんの物語です。
世界には小学校に行ってない子供は5700万人。
そうのうち、女性が3200万人。
マララさんの故郷、パキスタンでは500万人と最も多い。
ちなみに、彼女の母親もその1人となっている。
そして、今でも、女の子が襲撃されたり、学校が爆破されています。
女性には教育が不要だと思われてきました。
2012年、スクールバスがタリバンに襲撃され、マララさんは
瀕死の重傷を負います。奇跡的に回復したマララさんは、様々
な人に支えられながら、知識という武器で、平和と教育の為の
戦いをしています。常に襲撃されるという恐怖を感じながら、
教育の重要性を世界に訴えて行く、感動の物語です。

私のできることは、blogで、紹介する事ぐらいかな。
CIMG3223.jpg

CIMG3225.jpg

マララさんのお父さんも学校を作る等の活動して、マララさんのよき理解者となっています。
母親も、教育を受けてないけど、マララさんに惜しみない愛情を注いで、応援しています。
CIMG3226.jpg

ランキング登録中です。
面白かったらクリックしてね。
↓↓↓
  1. 2015/03/31(火) 20:09:50|
  2. 環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

いどきち

Author:いどきち

路地裏に佇む井戸を見つけるのが
好き。狛犬、マンホールや
デジタル版画も興味があります。

井戸八コレクションはこのブログ
等をカテゴリー別にしたものです。
あわせて、ご覧ください。

このブログはリンクフリーです。
コメントは気楽にどうぞ。

また、記事は著作物ですので、
無断で使用しないで下さい。

ようこそ井戸吉ブログへ

マウスで見る方向変えられます

日本blog村

にほんブログ村 美術ブログ パソコン絵画へ
にほんブログ村 にほんブログ村 お笑いブログ 面白画像紹介へ
にほんブログ村

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

クラシック演奏会

presented by
パッヘルベルによろしく

RSSリンクの表示

カテゴリ

井戸 (383)
狛犬 (333)
アート (149)
マンホール (33)
植物、花 (273)
旅行 (106)
顔 (55)
動物(鳥、犬、猫等) (71)
祭り (10)
ブログ (8)
イルミネーション (31)
イベント (21)
飲食 (31)
未分類 (32)
公園、庭園 (64)
建物 (65)
便利グッズ (20)
スポーツ (7)
自然 (27)
神社、仏閣 (31)
冗談 (18)
巨樹、名木 (5)
観光 (10)
農を楽しむ会 (41)
環境 (6)

月別アーカイブ

QRコード

QR

today's words


英検2級単語4択ドリル


ゆずりん英検2級単語ドリル